FC2ブログ

俺よりダメなブログに会いに行く モンハン版

カプコンから発売されている「モンスターハンターポータブル 2nd」のプレイ日記でございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎上が怖い

単に死ぬなよ。

 

なんでここにきて自殺予告だの、いじめが原因で自殺だの言い出すのか。原因はわかりません。わかりませんが、簡単に死ぬな。

どうせ死ぬなら戦って死ね。ケンカしたっていいじゃないか。
アンタたちをいじめている連中はいじめているという自覚がないんだから、それに抵抗したっていい。
抵抗することで自分が何をしているのか気づくことだってあるし。
いじめに負け自ら命を絶つことと、いじめと正面から向き合って戦って死ぬことを比べたら死後の評価は後者の方が断然高い。

自分が死んだあとのことを考えてもしょうがないけど、昔からのことわざに

「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」

というのがある。人は死ぬとその名が残された人の心と記憶に残る。

「自殺した人」というより「いじめに正面から向き合い、戦って死んだ人」

と書かれたら、どちらの方が残された人に大きなインパクトを与えられるのか。俺は後者だと思いますよ。

正直言って、戦わずに死ぬことは最高にかっこわるいです。自殺はもちろんダメだけど、自殺そのものがかっこいいとかかっこ悪いとかそう言うことを言いたいんじゃない。

戦わないで死ぬことが格好悪いんだ。

 

いじめられていることを親にも教師にも誰にも相談できない→八方ふさがり→自殺

というのは短絡的すぎる。いくら人生経験が足らず、もっと発展的な考えができないとはいえ、いきなり自殺というのはショートカットのしすぎです。
まだ方法があるはず。その方法を模索するために不登校になるのも一つの手段だと思いますし。

重ね重ね言いますが、自殺は決してしてはいけません。最悪の死に方です。

 

 

というか、親がまずその相談に乗ってあげられないというがそもそも終わっているわけです。学校は教育機関であって、勉強を教える所なんです。まず勉学第一。

挨拶やマナー、一般常識や道徳を教えるのは学校の役目ではなく、家庭の役割のはずです。父母や祖父母といった肉親がその役割を担わなくてどうするんですかと。そんなことも教えられないから反社会的な人間ができあがるんだ。

 

でも確かに学校は社会の縮図ではある。勉強やスポーツと言った何かに秀でている人はそれに対し正当な評価を受ける。当たり前です。それが社会ですから。

勉強もスポーツもできない。引っ込み思案で人見知りする、特にぱっと見取り柄がないような人はじゃあ正当な評価を受けられないのかというと、決してそうではないのが学校だと思います。

例えば委員会活動や部活を一生懸命やっている、生き物に対しきめ細やかな心遣いができるとか勉学以外の方向であっても、列車にやたらと詳しい、アニメに対して造詣が深い、ウイイレをやらせたら右に出る者がいない、勉強の地理はダメでも自分の住んでいる地域の情報にやたらと詳しいとか、きっと人は誰にでもいいところがあるはずです。例え今はそう言う芽がなくても、いつかは芽吹く。

そこを評価できるのが学校と会社の違いなんじゃないでしょうか。

 

俺も実は中学校の時、半年間くらいいじめられていた経験があります。暴力も受けましたよ。頬骨に打撲を受けたり、向こうずねを蹴られたり。ですから、いじめを受けている人の気持ちが全くわからないわけではありません。
俺だって苦しくて何度も逃げ出しそうになりました。さらに自殺まで考えたこともあります。
ただ、それをするだけの勇気がなく、また自殺したあとの両親や友人のことを考えると、考えただけで涙が出てきました。できない。絶対に死ねない。

だから、死ねないなら戦おうと思いました。いじめと。
いじめられている事実を打ち明け、大人と対策を考えました。その結果いじめは止み、元の普通通りの学校生活に戻れたわけですが、今でもたまにその記憶が蘇ることがあります。
でも俺は決めました。負けないと。いじめには絶対に負けないと。その過去とも正面から向き合い克服してみせると。

人間には誰だってねたみや恨みと言った負の感情を持っているものです。ですがその負の感情を他人、しかも弱者にぶつけ、自らのフラストレーションを晴らすような人間はやはりそいつも評価されるべきではありません。

正直に言ってしまえば、自殺する人の遺書にいじめた人間の名前が書いてあるなら、そいつの名前も公表すべきなんです。そういう評価が下されてしかるべきなんですよ。例え被害妄想だったとしてもその人の心に大きな傷を負わせたことは間違いないわけですから。

まぁ最終的にはそう言うニュースばかり取り上げるマスゴミが悪いんですが。負の連鎖が怒っていることに連中には早く気づいて欲しい物です。

 

 

最後に、生まれたばかりの子どもがいる親から思春期の年齢の子供を持つ親までに言いたい。

 

 

子どもを評価して、褒めてあげてください。
彼らに自信をつけさせてあげてください。

これだけで子ども達は両親を信用してくれます。いくら時代が変わろうが、子どもは子どもなんですから。
彼らと一緒に考えてあげてください。

 

命は宇宙を支えている力なんだ(byカミーユ)!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shagatyu.blog5.fc2.com/tb.php/581-f241b089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

O山プロ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。